本日で、町田市議会議員選挙、お訴えが終了となります。あとは、明日の投開票を待つのみです。定数36人に対して44人が立候補しました。今回思ったのは、選挙は【誰か】を選ぶのではなく、それぞれの候補が描く【未来】を選ぶようになってほしいなということ。

おぜき重太郎候補の【市民の声をかたちに】
白川てつや候補の【政治をかえる】

どちらも、古い政治、誰かが机の上で決めてしまう政治を否定し、町田に暮らす皆様と共につくる政治を目指しているんだなと、改めて、【都民が決める、都民と進める】と訴えて当選したことを思い出していました。

2人とも、最後まで信念をもって、やり抜きました。あとは、皆様の心に響いたことを祈るのみ。
どうか、どうか、2人を当選させてください。この投稿を見ていただきました皆様のお力をお貸しいただきますよう、よろしくお願いします。