本日は、白川市議と共催による
都民ファーストで政治を変える 都政・市政報告会でした。
白川市議からは、町田市の予算を細かな数字まで言及して解説。
私からは、当選からの歩みを振り返りながら、政治を変えることの意義をお伝えしました。

ふるい都議会をあたらしく
東京都予算14.4兆円をチェックするためには、都庁の自律改革が必須。現場で得た見識を踏まえて提言するのが重要。議員が全てを握るのではなく、行政や都民も一緒に変わっていく必要があると。
政治が変わることで、仕組み、制度、予算、文化、まちの姿が変わり、皆さんの暮らしが変わる。だから、政治を見てほしいとお訴え。

また、私に投票していただいた方は、町田市民の約13%に過ぎないこと。市民の70%近くが、死に票、無投票、無権利などにより、当選に結びついていないこと。真の都民ファーストとは、自分の票のための利益誘導ではなく、この70%にも考えを巡らせ、政策判断をしていくことである旨お伝えしました。

お忙しい中お越しいただいた皆様に感謝申し上げますと共に、次の一年へ向けて、気持ち新たに走り出す所存です。