昨年よりスタートしています
東京D&Iプロジェクトのセミナーに参加してきました。
https://www.tvac.or.jp/dip/

50名ほどの参加者が熱心に耳を傾けていた中で、参加者の層が若い方が多いことを興味深く感じました。
24時間働けますか?に代表される、ガムシャラに働き、利潤を得ることが働く意味であった時代は終わりました。
利潤追求が根底にあることは踏まえた上で、様々な経験から学び、成長し、やりがいを持ち、自らにとっての幸せを追求していくような、働く意味が多様な時代なんだと思います。
政策を通じて、価値観の転換を図ることも政治に課された重要な役割の一つなんだろうなと感じる次第です。

中でも、印象的だった言葉をご紹介
「誰もが尊重され、支え合って、生き生きと暮らすソーシャルインクルージョンの実現は、地域社会再生への希望となり得る。」